×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫の脱毛の原因は、ノミやダニなどの寄生虫感染、細菌や真菌による感染症、ホルモン分泌異常などが考えられます。

猫の脱毛は、季節の変わり目になると、気温や日照時間の変化に影響を受ける事で、自然に換毛が起こります。
しかし、皮膚の赤みや発疹、フケやかさぶたなど、皮膚に異常が見られる場合には、何らかの皮膚病を患っている可能性が考えられます。


光の力で細菌やウイルスを分解!
猫の脱毛症に
猫の脱毛症に

猫の脱毛の症状

 

猫の脱毛には、季節の変わり目などに起こる自然な換毛と、病的な原因から起こる脱毛があります。

 

自然な換毛が起こる時期は、抜け毛の量が多いため、グルーミングの時に舌に毛が絡み付き、そのまま飲み込んでしまう事で、胃や腸に抜け毛がたまりやすくなります。

 

その結果、毛球症を起こしてしまい、何度も繰り返し吐いたり、食欲不振や便秘が続く場合がありますので、換毛期は、特によくブラッシングをおこなう必要があります。

 

猫が感染する寄生虫には、ノミやハジラミ、ヒゼンダニ(疥癬虫)やニキビダニ(毛包虫)などがあります。

 

いずれも皮膚の角質や皮脂などを栄養源に繁殖するため、強い痒みやフケ、脱毛や化膿が見られるようになります。

 

真菌(カビ)に感染すると、皮膚の表層にある角質で増殖を始めるため、毛根が侵されると塊状に毛が抜け落ちたり、円形状の脱毛が見られ、発疹や発赤が見られるようになります。

 

また、ブドウ球菌や大腸菌などの皮膚の常在細菌に感染すると、
赤い発疹がいくつも見られたり、腫れや化膿が見られるようになります。

猫の換毛は、気温や日照時間と深く関係しています。
これは、気温や日照時間の変化によって、猫の体内のホルモンにも変化が生じるためだと考えられています。
そのため、精神的なストレスや内分泌器官の異常によっても、換毛に影響を及ぼす事があり、 局所的な脱毛や薄毛などの異常が現われる場合があります。