×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

猫の脱毛の原因は、ノミやダニなどの寄生虫感染、細菌や真菌による感染症、ホルモン分泌異常などが考えられます。

猫の脱毛は、季節の変わり目になると、気温や日照時間の変化に影響を受ける事で、自然に換毛が起こります。
しかし、皮膚の赤みや発疹、フケやかさぶたなど、皮膚に異常が見られる場合には、何らかの皮膚病を患っている可能性が考えられます。


光の力で細菌やウイルスを分解!
猫の脱毛症に
猫の脱毛症に

猫の脱毛の原因

 

猫の脱毛は、季節の変わり目に起こる自然な換毛で、部分的に多くの脱毛が生じる場合があります。

 

しかし、皮膚に発赤や発疹、かさぶたや膿などが見られる場合には、寄生虫感染や細菌感染、アレルギー性皮膚炎を起こしている可能性があります。

 

これらの病的な皮膚病の多くは、強い痒みが生じる事が多いため、猫は何度も体を咬んだり引っ掻いたりする事で、脱毛が起こります。

 

他にも、内分泌器官の異常によって、ホルモンの分泌量に変化が起こると、体が左右対称に脱毛したり、体全体が薄毛になるなどの症状が見られる場合があります。

 

このような場合の多くは、皮膚に痒みが生じない場合が多い傾向にあります。

 

食事の栄養バランスが悪く、それによってホルモンバランスが乱れてしまい、脱毛が起こる場合もあります。

 

また、慢性的なストレスが原因となり、自分で体を何度も掻き毟ったり、過剰にグルーミングを繰り返す事で脱毛が起こる場合もあります。

猫の換毛は、気温や日照時間と深く関係しています。
これは、気温や日照時間の変化によって、猫の体内のホルモンにも変化が生じるためだと考えられています。
そのため、精神的なストレスや内分泌器官の異常によっても、換毛に影響を及ぼす事があり、 局所的な脱毛や薄毛などの異常が現われる場合があります。